東京大学大学院医学系研究科健康科学・看護学専攻 母性看護学・助産学分野

English

About us

当分野の研究は、妊娠から出産・産後というダイナミックに変化するプロセスに焦点を当て、生化学的、生理学的手法の他に、フィールドワークを用いて事象を解明し、支援方法を開発しています。
科学的エビデンスに基づくケアを実現するために、看護系では希少な実験環境を整え、研究知見を蓄積し、成果を発信できる人材の育成をしています。

→教室紹介へ

TopicsList

【終了しました】アンケート調査へのご協力の御礼

研究課題「多胎子育てサービス利用の実態と利用の有無に関連する要因調査」へのご協力の御礼

ふたご・みつごといった多胎のお子さんがいらっしゃるお母様・お父様を対象に、産後の利用できるサービスについてのアンケート調査を実施しております。
現状の産後のサービス認知度と利用の実態を調査し、どのような要因がサービス利用の選択に関わっているのかを解明することにより、より利用しやすいサービスについて示唆することを目的にしています。

皆さまにご協力をいただき、アンケート調査の目標回答数に達しました。
お忙しいところ、ご協力くださいました皆様に心より御礼申し上げます。

※謝礼を希望される方へ
Amazonギフトカード500円分の送付は、10月中を目安にお送りいたします。

 

2023年度の大学院説明会(2022年5月14日)について

2023年度の大学院説明会は、東京大学での現地と、Zoomを用いたハイブリット形式で行われる予定です。
専攻全体説明会と教室説明会は申込フォームが別となっておりますので、お手数ですが両方ご登録をお願いいたします

<健康科学・看護学専攻 全体説明会>
日時:2022年5月14日(土) 13:00~(ハイブリッド開催)
場所:本郷キャンパス 医学部教育研究棟14階 鉄門記念講堂
およびオンラインでのハイブリッド開催

専攻全体の説明会に参加をご希望される方は、現地・オンラインいずれの

大学院入試説明会ポスター

<母性看護学・助産学分野説明会>
日時:2022年5月14日(土) 15:00~(ハイブリッド開催)
場所:本郷キャンパス 医学部教育研究棟13階 第6セミナー室
およびオンラインでのハイブリット開催

教室説明会申込フォーム
https://forms.gle/v91F4VTPpTGTb6Du6

※申し込みは当日も可能ですが、5/14 14:30を過ぎると、URLをお送りするのが開始に間に合わない可能性があります

 

笹川助教の分担翻訳した本が出版されました

「WHO推奨ポジティブは出産体験のための分娩期ケア」が医学書院より出版されました。

https://www.igaku-shoin.co.jp/book/detail/107131

PressList

修了生の菅原さんの論文がPublishされました!

Chihiro Sugawara, Hayato Yamana, Emi Sasagawa, Kaori Yonezawa, Naoko Hikita, Kojiro Morita, Hiroki Matsui, Hideo Yasunaga, and Megumi Haruna.

Factors Associated with Surgical Treatment in Postpartum Women with Mastitis or Breast Abscess: A Retrospective Cohort Study

Breastfeeding Medicine. http://doi.org/10.1089/bfm.2021.0244

助教の米澤先生の論文がPublishされました!

Yonezawa, K, Haruna, M, Ohya, Y, Yamamoto-Hanada, K. (2022)

Exacerbation and severity of allergic symptoms during pregnancy and their impact on mental health.

International Journal of Women’s Dermatology. 8(1) e002

doi: 10.1097/JW9.0000000000000002

助教の笹川先生の論文がPublishされました!

International Committee of the Japan Society of Midwifery Education (2017~2018), Emi TAHARA-SASAGAWA, Yasue OTA, Masayo MATSUZAKI, Yoko SHIMPUKU, Tokiko OISHI (2021)

Visualization of midwifery education in 109 countries on a world map: Secondary analysis of the data from the International Confederation of Midwives (ICM) 

Journal of Japan Academy of Midwifery https://doi.org/10.3418/jjam.JJAM-2020-0012